WEB受付をする EPARK ペットライフ
06-6421-3303

〒661-0001
兵庫県尼崎市塚口本町2-38-10

地図はこちら

尼崎市塚口本町 の 犬・猫・小動物  ジョウ動物病院

ワクチン・ファラリア・ノミダニ 避妊去勢 予防歯科・歯石 ペットホテル 健康診断 湿潤療法 診療費用 よくある質問 リンク集
Mobile Site

避妊・去勢手術

避妊・去勢には繁殖の防止以外にも様々なメリットがあります。

去勢手術のメリット

性ホルモンに関連した問題行動の抑制
  • 性格の軟化
    ナワバリ意識が低くなるため性格がおとなしくなる傾向にあります。
  • マーキングやスプレーの減少あるいは消失
  • 発情期がなくなり外に出たがる事がなくなる
    発情期には外に出たがる欲求が増加します。それにより脱走したり、外に出て他の動物とけんかをしてしまい、怪我や事故、伝染病への感染などを引き起こす可能性があります。
性ホルモンや生殖器に関連する疾患の予防

前立腺肥大や精巣の腫瘍の発生を予防できます。また一見関連がなさそうな会陰ヘルニア(お尻の部分の筋肉の間から腸や膀胱が脱出する病気)や肛門の腫瘍にも予防効果があります。

避妊手術のメリット

発情の消失
  • 犬では発情出血や発情に伴う体調や性格の変化を予防できます。
  • 猫では発情時に大きな鳴き声をあげ続けるため、ご近所付き合いも含めて有用です。
乳腺腫瘍の抑制
  • 犬では初回発情前に避妊手術を実施すると、乳腺腫瘍の予防効果が99.5%にも上ります。一方で2.5歳以降では予防効果がなくなってしまいます。
  • 猫でも1歳までに避妊手術を行う事で乳腺腫瘍の予防効果は86%以上になります。
  • そのため早期に手術を行う事でほとんど乳腺腫瘍にはならなくなります。
性ホルモンや生殖器に関連する疾患の予防

卵巣や子宮の腫瘍、子宮蓄膿症などを予防する事ができます。

これら性ホルモンに関連した疾患は老齢期に発生する事が多く、命に関わる疾患も少なくありません。
また老齢期の動物は身体機能が低下している事も多く、麻酔や手術に対してリスクが大きくなってしまいます。
小さいうちに手術を行えば、傷も小さく済み、出血などのリスクも減ります。
そのため1歳未満の若いうちに実施しておく事が重要です。

手術を希望される方

手術には予約が必要になります。事前にご来院いただくか、お電話でお問い合わせ下さい。
手術前には術前検査が必要になります。どの程度の検査が必要になるかは動物の状態によって異なりますので、ご相談の上で決定します。

手術日が決まったら

手術日当日の深夜0時以降ご飯は食べさせないで下さい。お水は当日の朝から飲ませないで下さい。
万が一食事をしてしまった場合、手術ができない可能性があります。
当日は11時までにご来院下さい。

前肢に点滴を入れるため術部とあわせて毛刈りを行います。
手術は15-30分程度で終了しますが、麻酔の醒め具合には個体差がありますので時間がかかる事もあります。
去勢手術の場合は当日にお帰り頂けます。避妊手術の場合は当日にお帰り頂く事もできますし、一泊して頂く事もできます。一泊してもしなくても料金は同じです。

手術後は

傷口をなめないようにエリザベスカラーや洋服を着用して頂きます。避妊・去勢に限りカラーはレンタルを行っております。抜糸は10日後になりますので、それまでは激しい運動やシャンプーはお控え下さい。術後に抗生剤を処方しますのですべて飲ませて下さい。猫の去勢手術のみ抜糸はありませんので、お薬が終了したら通常の生活に戻って結構です。

抜糸後は

普段通りの生活を送って頂いて結構です。ただし手術後は肥満になりやすくなります。食事量が22%程度増加する一方で、要求カロリーが30%程度減少するため食事量に注意しましょう。今は避妊・去勢後用のフードもありますのでご相談下さい。

PageTop